未分類

司法試験体験記

はじめに

こんにちは、ぷらべぇです。

今回は自分の司法試験受験について書いていきます。

これから司法試験を受ける方の参考になれば幸いです。
単なる読み物として面白いと思います。

司法試験を受けるまで

中学は地元の中高一貫校に進学。そこは全国的にもそこそこの進学校でした。
弁護士という職を知ったのはこの頃です。その頃はまだ弁護士が医者と並んで語られ、金銭的にもステータス的にも最高級とされる職業でした。
親も進学校に進んだ私に期待し、将来は医者か弁護士になりなさいと言っていたくらいです。

大学受験では、周りに東大を志す人が多く、自分も周りに流されて東大を目指しました。しかし1浪しても結局受からず、某私大の法学部に進学しました。

私が大学に進学した頃には、弁護士という職業は昔のように儲かる職業ではなく、弁護士になるまでの経済的負担も大きく割りに合わないということが明らかになっていました。
しかし、自分は弁護士になる夢を持ったままでした。今振り返ってみると、どうしても弁護士になりたいという気持ちがあったというより、視野が狭くなっていたのだと思います。
世間的には、弁護士の窮状が報道さていましたが、法学部ではいまだに弁護士を目指す人も多く、法学部で会う弁護士の人なども幸せそうで、未だ弁護士という職業には希望があると思っていました。

途中で弁護士という職業を目指すことに不安を感じ、揺らぐこともありましたが、結局ロースクールに進学しました。
ここまでくると、もはや進路変更が難しくなっていたのです。大学4年間は主に法曹になるための勉強に費やしており、一般企業に就職するための準備などは全くしていませんでした。
正直、就活を始めるよりも、法曹の勉強を続けている方が楽なように感じていたのです。

司法試験を受け始めてから

まぁ受かるっしょ(1回目)

そんな感じで法曹への熱意とそれ以外の道を目指すことからの逃避を両輪とし、なんとかロースクールは卒業しました。

ロースクールを卒業したての人によくあるのですが、一年目はなんの根拠もなく受かると信じていました。
他の先輩などが順調に1回で受かっていたことから、自分も1回で受かるものだと信じきっているのです。実際は受かった人が目立つだけで、落ちた人もたくさんいるんですけどね。
このマインドは諸刃の剣で、根拠のない自信は時に重要ですが過信にも繋がります。この時の自分は完全にこのマインドが悪い方に働き、実力が足りていないにも関わらず、適切な努力をしていませんでした。

その結果、まあ順当に落ちました。しかし、当の自分は完全に受かると信じきっており、落ちたショックは凄まじかったです。1週間近くはまともにご飯を食べることすらできませんでした。

なんとかショックから立ち直り、こんな気持ちは二度と味わうまい、次は絶対に受かろうと心に誓いました。

絶対に受かると言ったな、あれは嘘だ(2回目)

しかし決意とは儚いもので、しばらく立つと次第に薄れていってしまいます。
1回目と比べて答練や模試の結果が爆上がりすることもなく(微増はした)、試験を迎えました。

しかし、結果はまさかの短答オチでした。
司法試験はセンター試験と本試験のように、選択式の試験(短答試験)と論述式の試験(論文試験)に別れています。短答落ちとはいわば足切りです。

この結果にはショックを通り越して呆れてしまいました。

なぜ短答に落ちてしまったかを分析すればまたまた過信です。
1回目の時、正直短答の結果だけは悪くなかったんです。その結果、自分は短答が得意なのだと思い込み、直前期に限って勉強をおろそかにしてしまいました。大馬鹿です。

俺、この受験が終わったら撤退するんだ(3回目)

2回目の時点で司法試験撤退も考えました。しかし、今から就職しても自分の就きたい職業につく自信がなく、親からもう一年頑張れという言葉をかけられたことで、もう一年だけ頑張ることにしました。
そしてこの一年でダメなら撤退し、公務員を目指そうと考えました。

自分にとっては背水の陣で挑むことになりましたが、なんたって短答に落ちたのだから時間があります。
論文で落ちた人は9月に不合格が発覚し、そこから再度勉強を始めることになりますが、短答で不合格となった場合は、6月から勉強が再開します。短答に落ちたショックと、これからほぼ1年間続く勉強生活を思うと、論文の合格発表を迎える9月までは全くやる気がしませんでした。

やる気がないながらもかろうじて勉強を続けられたのは、最後の受験ということで自分が選択したのは柏谷先生の合格開眼塾があったからです。

まとめ

• 司法試験のために浪人するのどうなの?

• 意味はあった?

• これから目指す人へ

• ただし、合格直後の所感